新型コロナワクチン接種
インフォメーション

Covid-19 Vaccine information

よくある質問(FAQ)

杉並区へ供給されるワクチンの量はどのくらいですか?足りなくなることはありませんか?
国は、全国の高齢者約3,600万人分が6月末までに2回接種できる量のワクチンを確保しており、接種体制が整った自治体に対して、先行してワクチンを供給するとしています。杉並区では、5月17日から始める予定の5つの集団接種会場で1か月以上接種を続けることができるだけの、十分な量のワクチンを確保する予定です。ワクチンの在庫を見つつ、適宜、必要数を確保していく予定です。
送付された「ワクチン接種のお知らせ」には、『現在、国から供給されるワクチン量が少なく、予約が取りにくい状況が続く可能性がある』と記載されていますが今の状況はどうですか。
「ワクチン接種のお知らせ」をご送付した時点と、現在とではワクチンの共有状況が変わってきております。国は、全国の高齢者約3,600万人分が6月末までに2回接種できる量のワクチンを確保しており、接種体制が整った自治体に対して、先行してワクチンを供給するとしています。杉並区では、5月17日から始める予定の5つの集団接種会場で1か月以上接種を続けることができるだけの、十分な量のワクチンを確保する予定です。
なぜ1回目と2回目の予約を同時に取れないのですか?
3週間後の予約枠数の変更もあり得るので、同時に2回分の予約は取れないようにしてあります。区では2回目の接種が開始される6月にあわせて、追加の接種会場を新たに開設し、予約枠を増やすよう、進めております。これにより、区内の様々な利便性の高い場所で接種していただけるようになりますのでご理解ください。
接種会場が少ないく、場所が遠いのですが、改善されますか?
今後、6月に向けてさらに集団接種会場を開設できるように準備を進めています。駅の近くや区の南側などで調整を進めております。また、区内の病院や診療所などでも接種が開始されていく予定です。
駐車場があり、車で行ける接種会場はありますか?
一般の方が車でご来場いただけるのは立正佼成会法輪閣のみです。お体が不自由な方についてのみ、桃井原っぱ公園へもお車でご来場いただけます。ご家族の方などがお体の不自由な方を車に乗せて来場される場合もご利用いただけます。
ワクチン接種の目的はなんですか。
新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延防止を図ることが接種の目的です。
対象者は誰ですか。
新型コロナワクチンの接種は、接種を受ける日に、満16歳以上で、杉並区の住民基本台帳に記録されている者が対象となります。
他の予防接種と一緒に接種できますか。
前後に他の予防接種を行う場合については、原則として、ワクチン接種を行った2週間後(同じ曜日以降)以降なら接種可能です。同時接種は行わないでください。
接種を受ける際の費用はかかりますか。
全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。
但し、会場までの交通費は区民の皆様にご負担いただいております。
これまでに認められている副反応にはどのようなものがありますか。
注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み等がみられることがあります。まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。